[ai] テトスへの手紙 3章 〜争いを好まず、寛容で、すべての人に心から優しく接する〜 | ペパーミントパラダイス

[ai] テトスへの手紙 3章 〜争いを好まず、寛容で、すべての人に心から優しく接する〜

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日はテトスへの手紙 3章を読みました。

テトスへの手紙 3章

本章は

「善い行いの勧め」(1-11節)
「結びの言葉」(12-15節)

の、二段落構成。最終章でした。

※聖書は新共同訳聖書を読んでいます。

以下は、本章を初見した感想です。

あくまでも一般人の感想ですので、きちんと聖書をお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

争いを好まず、寛容で、すべての人に心から優しく接する

わたしが本章を読んで大事と感じたのは、以下の箇所です。

また、だれをもそしらず、争いを好まず、寛容で、すべての人に心から優しく接しなければならないことを。(テトスへの手紙3章2節)

「また」から始まってしまっているので、ここだけ抜きだすと若干、キリが悪いのですが、一番大事だと思ったところだけを太字にさせていただきました。

パウロが弟子(?)のテトスに、教会で教える立場の者として次のように勧めなさい、と挙げたことの一つが、上記になります。

そして、わたしに最も足りていないことです(^_^;)

争いを好まず、寛容で、すべての人に心から優しく接したいとは思ってはいるのですが、なかなか出来ませんm(_ _)m

そうすれば人間関係も恵まれるし、自分もイライラしないし、いいだろうなとは思うのですが……

異なる考え方に対して、あぁ、そういう考え方もあるなぁ、と、賛同までは出来なくても受け入れられればいいのですが、受け入れることさえ出来なくて、イライラして上手くいかなくなることが何度もありました。

争わないようにしていても、内心イライラしてしまっている時点ですでに寛容ではないし、結局どこかで爆発してしまうから、争いに繋がってしまうんですよねm(_ _)m

わたしにとっては一生の課題かもしれません。

イラっとする考えや言動に直面した時には、この御言葉を思い出して、心を寛容に保つようにしたいと思います。。。

イエス様を信じて洗礼を受けたら劇的に変わる人もいるけれど、そういう人ばかりではありません。

むしろ、そう簡単に古い自分を脱ぎ捨てられない人の方が多いと思います。

でも、信じれば御言葉は心に入りやすくなるので、これは強みになるはず。

信じても戦いは延々と続くけれど、神様は勝利への道も用意して下さっているので、御言葉を武器に立ち向かっていきたいと思います!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

スポンサーリンク







[ai] テトスへの手紙 3章 〜争いを好まず、寛容で、すべての人に心から優しく接する〜
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク