[ai] コロサイの信徒への手紙 4章 〜塩で味付けされた快い言葉で語る〜 | ペパーミントパラダイス

[ai] コロサイの信徒への手紙 4章 〜塩で味付けされた快い言葉で語る〜

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日はコロサイの信徒への手紙 4章を読みました。

コロサイの信徒への手紙 4章

本章は

「家族に対して」(3章続き、1節)
「勧めの言葉」(2-6節)
「結びの言葉」(7-18節)

の、3段落構成になっていました。

以下は本章を初見した感想です。

専門家の「解説」ではなく、あくまでも一般人の「感想」ですので、きちんと聖書をお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

心に響いた御言葉

わたしが本章を読んで特に心に響いたのは、以下の箇所です。

時をよく用い、外部の人に対して賢くふるまいなさい。いつも、塩で味付けされた快い言葉で語りなさい。そうすれば、一人一人にどう答えるべきか分かるでしょう。(コロサイの信徒への手紙4章6節)

いくら「伝道したい!」という熱い気持ちがあっても、ただ闇雲に聖書を語るだけでは、相手の心には響かないですもんね。。。

一方的に押しつけるような伝道は、賢い伝道とは言えません。

相手の気持ちを考え、立場を考えて、角の立たないよう、喜んでもらえるように言葉選びをすれば、自ずと、今このタイミングでそれを言うべきか、言うならどういう言い方をすべきか、分かるかと思います。

それは何も伝道に限ったことではないですよね。

「塩で味付けされた快い言葉で語る」

日常生活においても大事なことだと思います。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] コロサイの信徒への手紙 4章 〜塩で味付けされた快い言葉で語る〜
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク