[ai] コリントの信徒への手紙二 5章 〜古いものは過ぎ去り、新しくされる〜 | ペパーミントパラダイス

[ai] コリントの信徒への手紙二 5章 〜古いものは過ぎ去り、新しくされる〜

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日はコリントの信徒への手紙二 5章を読みました。

コリントの信徒への手紙二 5章

本章は「信仰に生きる」(1-10節、4章続き)、「和解させる任務」(11-21節)の2段落構成になっていました。

「信仰に生きる」では、引き続き「見えるものではなく見えないものに向ける」ことに派生する話を、「和解させる任務」では、神様と和解することについて書いてありました。

大事と思った箇所

本章を読んで特に大事と思った箇所は、こちらです。

だからキリストと結ばれる人はだれでも、新しく想像された者なのです。古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた。(コリントの信徒への手紙二 5章17節)

キリストによって、今までの自分は死んで、新しい人間に生まれ変わりました。

信じたからってそう劇的に変わるわけではないかもしれないけど、変わらないように感じるのは「切り花」のように、根っこは切られているけれど花は咲いているから、まだ以前の自分が生きているように感じてしまうだけだと、以前、関誠牧師がおっしゃっていました。

根っこが以前の自分ではなくイエス様に繋がってさえいれば、大丈夫です!

古い衣は脱ぎ捨てて、未来に目を向けていきましょう^o^

※以上は、本箇所を初見した時点での感想です。聖書の内容をきちんと知りたい方は、お近くの教会へ行って牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

ペパーミントあいがお届けいたしました!

スポンサーリンク







[ai] コリントの信徒への手紙二 5章 〜古いものは過ぎ去り、新しくされる〜
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク