[ai] コリントの信徒への手紙一 13章 〜愛〜 | ペパーミントパラダイス

[ai] コリントの信徒への手紙一 13章 〜愛〜

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日はコリントの信徒への手紙一 13章を読みました。

コリントの信徒への手紙一 13章

今日読んだ箇所はこちらです。

について書かれていました。

たとえ人々の異言、天使たちに異言を語ろうと、愛がなければただの騒がしいドラだ。
たとえ予言する賜物を持ち、あらゆる神秘とあらゆる知識に通じていようとも、山を動かすほどの信仰を持ち合わせていようとも、愛がなければ無に等しい、とのこと。(1-3節参照)

そして、愛は忍耐強く、情け深く、妬まない。自慢せず高ぶらない。
礼を失せず、自分の利益を求めず、苛立たず、恨みを抱かない。
全てを忍び、全てを信じ、全てを望み、全てに耐えるそうです。(4-7節参照)

予言も異言も知識も世の終わりには廃れるけれど、信仰と希望と愛はいつまでも残り、その中でも特に愛が一番だとあります。

どれだけ立派なことをしようと、どれだけ素晴らしい賜物を持っていようと、愛がなければ虚しいんですね。

でも愛を持つことは、読んだだけでとてもハードルの高いことなので、愛を下さいと祈り続けようと思います。。。

本章の中心聖句

それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。コリントの信徒への手紙一 13章13節

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] コリントの信徒への手紙一 13章 〜愛〜
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク