[ai] コリントに信徒への手紙二 4章 〜見えるものは過ぎ去るが、見えないものは永遠に残る〜 | ペパーミントパラダイス

[ai] コリントに信徒への手紙二 4章 〜見えるものは過ぎ去るが、見えないものは永遠に残る〜

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日はコリントの信徒への手紙二 4章を読みました。

コリントの信徒への手紙二 4章

本章は「土の器に秘めた宝」(1-15節)、「信仰に生きる」(16-18節)の2ブロックに分かれていました。

心に響いたのは、後半のブロック

個人的に特に心に響いたのは、後半の「信仰に生きる」のブロックです。

写真を見ていただけると分かるかと思うのですが、ほぼ全部、線を引かせていただきました!(笑)

とても大事なことと思えるので、改めて文字に起こしたいと思います。

だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。わたしたちの一時の軽い艱難(かんなん)は、比べ物にならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。(コリントの信徒への手紙二 4章16-18節)

「苦しいのは一時的で、その先には本物の希望があるんだ!」という内容のこと、ローマの信徒への手紙5章にも書いてありましたよね!

参照:わたしの右の手を取って下さる主 | ペパーミントダイアリー for ジーザス!

そして、「見えるものではなく見えないものに目を向ける」ことについては、先だっての天野先生の説教にも出てきた、「問題から主へ」の方向転換に似ているかと思います!

参照 : [ai]【草加松原リバーサイドチャペル日曜礼拝】向きを変えて出発せよ | ペパーミントダイアリー for ジーザス!

目の前の苦難ではなくイエス様に目を向け、主を信じて主により頼んで生きていこうと思います。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

スポンサーリンク







[ai] コリントに信徒への手紙二 4章 〜見えるものは過ぎ去るが、見えないものは永遠に残る〜
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク