[ai]【創世記10章】ノアの子孫 | ペパーミントパラダイス

[ai]【創世記10章】ノアの子孫

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

今日は創世記10章を読みました。

創世記10章

本章は

「ノアの子孫」(1-32節)

の、一段落のみの構成。(※サブタイトルは新共同訳聖書より)

ノアの息子、セム、ハム、ヤフェトの家系図が延々と文字で書かれています。

以下は、私が本章を読んで個人的に感じた感想です。

聖書について、キリスト教について詳しくお知りになりたい方は、お近くの教会へ行って、牧師先生に聞いてみて下さいね^ ^

ノアの子孫

私が本章を読んで特に大事と感じたのは、以下の箇所です。

ノアの子孫である諸氏族を、民族ごとの系図にまとめると以上のようになる。地上の諸民族は洪水の後、彼らから分かれ出た。(創世記10章32節)

洪水により、ノアとその家族以外の人間は全て滅ぼされたので、その後の人類は、全てノアの子孫ということになります。

※洪水については、下記記事をご参照のこと。

【参照】
[ai] 創世記 6章 〜ノアの箱舟〜 | ペパーミントダイアリー for ジーザス!
[ai] 創世記 7章 〜ノアの箱舟2〜 | ペパーミントダイアリー for ジーザス!
[ai] 創世記 8章 〜ノアの箱舟3〜 | ペパーミントダイアリー for ジーザス!

この章には、そのノアの息子であるセム、ハム、ヤフェトから派生した民族について、事細かに書かれています。

出てくる名前が多すぎて、正直、頭が追いつきません(苦笑)

でも聖書の注釈によると、ヤフェトの子孫はヨーロッパ人、セムとハムの子孫は、中東やイスラエル近辺の国々のようです。

今では人種も文化も全く違う民族ですが、そのルーツは、ノアという一人の全き人に辿り着くのです。

世界は一つ、全ての人間は皆兄弟、という気がしてきますよね♪

神様の愛は全ての人に及んでいる、という教えも、そう考えると納得出来る気がします!

ただの家系図の羅列も、見方を変えると希望に満ち溢れたものになるので、聖書って面白いですね^o^

世界が平和になりますように。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

次回は [ai] 創世記11章 バベルの塔からアブラム(アブラハム)誕生まで についてお届けいたします。

お楽しみに!

スポンサーリンク







[ai]【創世記10章】ノアの子孫
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク