阿武咲と嘉風のインタビューから感じる部屋柄と人柄 | ペパーミントパラダイス

阿武咲と嘉風のインタビューから感じる部屋柄と人柄

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成30年大相撲初場所6日目の感想を
まとめています。

15日間を5日間に区切ると、
今日から中盤戦。

6日目は両大関を破った
阿武咲と嘉風が殊勲インタビューを
受けたのですが、

インタビューって、
性格だけでなく部屋柄も出るなぁ、
と思いました。

稀勢の里休場

5日目を終えた時点で1勝4敗と
振るわなかった稀勢の里は、
今日から休場です。

うーん、怪我は治っても以前のように
力が入らない、と聞きましたが……

特に下半身の踏ん張りが効かなくなっている
ところに不安を感じます。

休んで、体を作り直して、
また戻ってきてほしいです。。。

白鵬に続いて稀勢の里も休場のため、
以後は鶴竜の一人横綱となりました。

……日馬富士が引退していようがいなかろうが、
どの道4横綱は揃わない場所となってしまいました。。。

今の3横綱、
みんな30を超えていますからねぇ。。。

みんな元気に揃うのは
難しいんでしょうねぇ。。。

鶴竜、何とか勝つ!

その鶴竜は、
今日は琴奨菊のがぶり寄りに攻め込まれます!

でも琴奨菊の猛攻を何度もしのいで勝ちました!

やはり今場所の鶴竜は強いです!

強さだけでなく上手さも光る相撲でした^o^

今場所は鶴竜の復活優勝なるでしょうか?

御嶽海、栃ノ心、朝乃山が強い!

でも、御嶽海、栃ノ心、朝乃山も6連勝!
この力士たちも強いです!

栃ノ心は怪我が良くなって
本来持っている強さが出ている印象だけど、
御嶽海はさらに強くなっていると感じます。

今日はライバルの北勝富士を圧倒!

これは今年中に大関になると踏みました。

両大関は失速

一方で高安、豪栄道の両大関は揃って失速。

豪栄道は嘉風に、
高安は阿武咲に敗れました。

豪栄道は敗れた翌日に嘉風、
というところで、
余計な固さだったり苦手意識のようなものが
出たような相撲に感じました。

立合いですぐに足が揃ってしまい、
いいところなくはたかれてばったり。

高安は阿武咲の右手を出す立合いと
自身のカチ上げで上体が起きてしまいました。

今日向正面の解説を担当した錣山親方(元寺尾)は、
この展開も予想出来たと話していましたが……

ちょっと両大関の雲行きが
あやしくなってきました。。。

今場所は大関が強いから面白くなりそう、
と思っていたのに……

頼みますよ両大関ぃぃぃ。。。

でも阿武咲の躍進は嬉しいところです^o^

阿武咲と嘉風の殊勲インタビュー

部屋柄も感じるインタビュー

そんなわけで今日は、
嘉風と阿武咲がインタビュールームで
殊勲インタビューを受けます。

インタビューでの受け答えを見ていると、
それぞれの性格、部屋柄、ベテランと若手の
違いを感じて面白いです!

阿武松部屋の阿武咲は
きちんとインタビューアーを正面に見て
礼儀正しく受け答えるのに対し、

尾車部屋の嘉風は自由におおらかに
話している感じがします。

本人の性格によるところもあるのでしょうが、
他の同部屋の力士のインタビューからも
通じるものはあるので、

やっぱり部屋柄もあるんじゃないかと
思います。

一緒に生活していて、
同じ師匠から学んでいるのですから、
似る部分はあって当然ですよね。

特に阿武咲は、
厳しい阿武松親方(元益荒雄)に
よく教育されているのを感じます。

(元は物凄いやんちゃな子だったようだし)

ベテランと若手

ともに6日目を終えて3勝3敗。

成績の話題を振られると、若い阿武咲は

「成績は関係ありません。
一番一番しっかりやるだけです」

と答えますが、ベテランの嘉風は

「成績は気にしていないんですけど、
やるからには勝つためにやっているので、
いい相撲で白星を積み重ねていきたいです」

と話します。

ここはちょっと、
嘉風からベテランの余裕を感じますね。

(嘉風が言うから余裕を感じるのかも
しれないけど)

阿武咲と嘉風に共通しているところ

どちらも共通しているのは、
相撲が楽しい、いい相撲を取りたいという
気持ちが伝わってくるところ。

そこは両力士とも好感が持てます^ ^

この力士たちの今後の活躍も
楽しみにしたいところです。

殊勲インタビューの聞き比べは面白い

そんなわけで、
両大関の失速は残念なのですが、
殊勲インタビューを聴き比べるのは
面白かったです!

殊勲インタビューも
大相撲観戦の楽しみの一つ。
これはテレビ観戦ならではの楽しみですvv

色々な力士さんのインタビューを
聞いていると、

同じ部屋の力士にはどこか
共通するものが見えたりもするので、
これもまた面白い!

上位力士には序盤で星を落として
ほしくないのですが、

その時は殊勲インタビューが聞けると言う
特典があるので、大相撲は面白いです!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







阿武咲と嘉風のインタビューから感じる部屋柄と人柄
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク