得をするって何だろう?マツコの知らない世界を見て思ったこと | ペパーミントパラダイス

得をするって何だろう?マツコの知らない世界を見て思ったこと

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

2017年10月10日放送の
「マツコの知らない世界SP」で紹介された、
スイーツバイキングのことが
一部の方々から批判を受けています。

このことを通して、わたしは
「得をする」って何だろうと
真剣に考えました。

スポンサーリンク




批判されたスイーツバイキングの世界

2017年10月10月放送の
マツコの知らない世界SPでは、
手羽唐揚げの世界、県境の世界とともに、

スイーツバイキングの世界についての
特集がありました。

スイーツファイターの桜井さんという方が、
おすすめのバイキングスイーツや
元を取るお得な食べ方を紹介してくれたのですが、

これが一部のスイーツ好きの方々の
逆鱗に触れたようです。

https://news.yahoo.co.jp/byline/toryu/20171011-00076768/

批判していたのはグルメジャーナリストの
東龍さんという方。

ビュッフェ協会の理事なども務めている、
相当ビュッフェの世界にお詳しい方のようでした。

わたしはこの方の記事を、
チョコレート好きのチョコレートくんさんの
ツイッターで知りました。

東龍さんがおっしゃるには、

「元を取ろうなんてビュッフェ本来の
楽しみ方ではない」

「お皿が汚くなるまで大量に盛って、
ろくに味わわずに苦しくなるまで食べるなんて
作り手へのリスペクトに欠けている」

「原価が高いと踏んだ品物を
大量に取る行為は他のお客さんの迷惑」

「その食べ方は価格の高騰に繋がる」

とのこと。

とにかく、元を取ろうとして
自分が食べたいものを味わって
食べるのではなく、

高そうなものをお腹が苦しくなるまで
大量に詰め込む行為は本来の楽しみ方ではない!
下品だ!

と、言いたいようです。

何というか、

本来は「大食いスイーツの世界」として
紹介すべきものを「スイーツバイキングの世界」
と紹介してしまったことで、

スイーツバイキングの本来の楽しみ方を
している人たちから反感を買ったようですね。

東龍さんのツイッターには、
東龍さんのブログに賛同する
スイーツ好きの方々からの
コメントがたくさんありました。

好感は持てなかったけど・・・

この放送、わたしも見ましたが、
確かに桜井さんの食べ方は、
見ていてあまり気分のいいものでは
ありませんでした。

いくらそれで元が取れたとしても、
自分が食べたいと思ったものを食べないで
高いものを優先する食べ方は
ちっとも楽しそうじゃないし、

何より苦しくなるまで食べるのは嫌なので、
真似したいとは思いません。

ただ、この桜井さんという方、
元は金融に勤めていた方のようなので、
お金のことが頭から離れないのかなとも
思いました。

わたしにはちっとも楽しそうには
見えなかったけど、

この人にとっては、
元を取ることによって喜びを
感じることが出来るのかなと思いました。

何に対して喜びを感じるかは、
人それぞれでいいと思います。

でも、他のお客さんのことは考えてほしい

ただ、原価が高いと踏んだ一部の
スイーツだけを大量に皿に盛るのは、
他のお客さんの迷惑になるので
やめてほしいなと思いました。

東龍さんもおっしゃっていましたが、
これをすることによって、
他のお客さんは無くなる前に取らなきゃと
思って過剰に盛ってしまいます。

結果、その商品がどんどんなくなる。
足りなくなる。

それによって起こることは、
バイキングの料金の高騰です。

桜井さんは番組の最後で、

「インスタに載せる写真のためだけに
大量に取って残す女子がいるせいで
食材の廃棄に繋がり、価格が高騰している」

と問題提起していましたが、
東龍さんは一つの品物を独占する行為の方が
よっぽど価格高騰に繋がると指摘しています。

それに、幸せって誰かの不幸の上に
成り立つものではないと思います。

スイーツバイキングの料金が上がれば、
結局桜井さんだって得をしないです。

補足

そもそもインスタ用の写真のためだけに
大量に盛って残す人なんて、
そういないようです。

写真のためだけに盛って残す人は、
むしろブロガーに多いとか^^;

詳しくは東龍さんの別記事をご参照のこと。
https://news.yahoo.co.jp/byline/toryu/20171013-00076854/

得をすることは自分基準だと思う

これらの出来事を通して、わたしは
「得することって何だろう?」と
真剣に考えました。

桜井さんのように
スイーツバイキングで元を取ることが得、
という考えもあると思います。

それでその人が幸せを感じることが
出来るのなら、それもいいと思います。

でも少なくとも、
わたしはそれで幸せを感じることは
出来ません。

だって「元を取る」って、
結局他人基準じゃないですか!

人が決めたビュッフェの料金と
人が決めた食材の原価に左右されてますよね。

わたしは「得すること」は
自分基準でないといけないと考えます。

高くてまずいものを食べるより、
安くてもおいしいものを食べる方が
幸せだと考えます。

あまりいい例えではありませんが、
定価が6000円のライブチケットが
オークションで20万円に跳ね上がったとしても、

自分がそのライブに30万円の価値を
感じているなら得をした、
と言えると思います!

スイーツバイキングで言えば、
支払った金額以上の幸せをそのビュッフェで
感じることが出来れば、

元は十分取った、
と言えると思います!

結局、支払った金額以上の幸せを
得ることが出来たかどうか、
ではないでしょうか?

前向きでどんなことにも喜びを
見出せる人は、
お得な人生を歩んでいると思います(^ ^)

他人基準ではなく
自分基準の幸せを持っている人は、
幸いだと思います。

以上、最後だけでちょっと
哲学的になってしまいましたが、
ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







得をするって何だろう?マツコの知らない世界を見て思ったこと
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする