ローマの信徒への手紙10章 心で信じて義とされ、口で公に言い表して救われる | ペパーミントパラダイス

ローマの信徒への手紙10章 心で信じて義とされ、口で公に言い表して救われる

こんばんは^^

ペパーミントあいです。

今日はローマの信徒への手紙10章を読みました。

2014-09-11 23.51.252014-09-11 23.51.57

個人的に重要と思った箇所には、線を引かせていただきました。

実に、人は心で信じて義とされ、口で公に言い表して救われるのです。(10節)

「口で言い表して救われる」というのは、一種の自己暗示的なものによるものなのでしょうか?

ともかく、聖書がそうだと言っているのだから、きっとそうなのでしょうね。

「宣言することが大事」とは、京都グレースバイブルチャーチの人たちからも、よく言われます。

言わなくても分かるでしょ?と面倒がらずに、「イエスは主、救い主」と宣言するようにしたいものです。

そういえば、礼拝でも「使徒信条」など、信仰を告白する時間が設けられていますもんね。

ちゃんと聖書に基づいてのことだったのですね!

※以上は、わたくしペパーミントあいがこの箇所を読んで個人的に感じたことです。

きちんとした知識・解釈を知りたい方は、ぜひともお近くの教会へ行って牧師先生から教わって下さい^^

わたしの知識はなまくらソードです(笑)

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク