エリ、エリ、レマ、サバクタニ | ペパーミントパラダイス

エリ、エリ、レマ、サバクタニ

こんにちは^^

ペパーミントあいです。

今日は近所の草加松原教会の日曜礼拝に参列してきました。

2014-06-29 15.00.562014-06-29 15.01.202014-06-29 15.01.37

草加松原教会について

東京スカイツリーライン・松原団地駅下車、独協大学方面へ徒歩12分のところにある、キリスト教プロテスタント改革派教団の教会です。

現在牧師さんはなく、毎週様々な先生がいらして、説教をして下さっています。

今日は南越谷コイノニア教会より、黒川豪牧師がいらして、説教して下さいました^0^

本日の説教「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」について

これはキリストが十字架の上で発せられた7つの言葉のうちの1つ。

「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」

という意味の言葉です。

全ての人間の罪を背負うため、父なる神のお怒りを一身に受け、神から見捨てられるという経験をされたキリストが「父よ」と祈ることも許されず、心の叫びを投下した言葉です。

「エリ」と「レマ」と「サバクタニ」は、それぞれ違う国の言葉だったため、その場で聞いた人々の多くは意味を理解出来ず、「あれはエリヤを呼んでいるんだ」と思ったユダヤ人も多かったようです。

エリヤは旧約聖書に出てくる預言者。

当時のユダヤ人たちの間では、正しい人が何らかの形でピンチに陥った時、エリヤに助けを求めれば助けてくれる、という信仰のようなものがあったようなので、その発想に至った時点で、イエスは本当は正しい人だったのではないか?と思い始めたユダヤ人もいた、ということですね。

でも、彼らがイエス・キリストを本当に神の子、救い主と信じるようになるには、まだ少し時間がかかります。

その後、イエスは大声で叫んで息を引き取られ、その瞬間、地震が起きたり、神殿の垂れ幕が真っ二つに切り裂かれたり、お墓に眠っていた多くの聖なる死者が生き返ったり、といったことが起こり、信じるようになります。

神殿の垂れ幕が引き裂かれたのは、キリストが十字架に架かり全ての罪が赦されたことで、動物の贖いの供え物が要らなくなったことを意味するそうです。

聖書の箇所は

これらのことは、新約聖書・マタイにより福音書27章45~54節に書いてあります。

興味のある方は、ぜひ読んでみてください^^

以上、ペパーミントあいでした☆

スポンサーリンク







エリ、エリ、レマ、サバクタニ
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク