[ai]【アスタリア】マギルゥ視点でのジュード編 | ペパーミントパラダイス

[ai]【アスタリア】マギルゥ視点でのジュード編

こんにちは^ ^

ゲームも好きなクリスチャンブロガーの
ペパーミントあいです。

今日はテイルズオブアスタリア
「追憶の楽園・ジュード編」の、

「マギルゥ視点での感想」を
語りたいと思います。

※以下、ネタバレにご注意下さい。

マギルゥのことをあまり書けなかったので

まずは先だってアップした以下の記事、
ジュード編の感想にたくさんのアクセス、
ありがとうございます^ ^

[ai]【アスタリア】追憶の楽園ジュード編の率直なネタバレ感想

けっこう長い記事になってしまったにも関わらず、

アクセス解析を見てみると
じっくり読んで下さった方も
おられたようで、恐縮ですm(_ _)m

(本当はページを開いたまま寝ていたとしても、
読んでくれたと都合良く解釈させていただきます)

けっこう長い記事になったにも関わらず、
マギルゥちゃんのことは少ししか
書けなかったので、

今日はちょっとマギルゥちゃんについての
感想を述べようと思います。

ジュードとマギルゥの再会

わたしはこのアスタリアで
初めてマギルゥを見たのですが、

マギルゥはベルセリアに出て来る
魔女なんですね。

パーティーキャラとしては
iPadに水属性の覚醒マギルゥ、
iPhoneに風属性の奇術団衣装マギルゥが
いるので、

少しは情報があるものの、
シナリオに登場するのはこの
追憶の楽園編が初めて。

ジュードとはプロローグでも
会っているので、

ジュード編ではジュードとマギルゥは、
天帝の生誕祭以来の再会、
という形になりました。

こちらがジュード編での
マギルゥの登場シーンの一部。

表情がコロコロ変わって可愛いですね^ ^

マギルゥとジュードの再会は、

ルドガーと一緒に猫を追いかけて
うっかり白き獅子の管理する敷地に
入りかけてしまったジュードと、

敷地への侵入を試みて
騎士たちに追われるマギルゥが
偶然鉢合わせる、

という形でした。

ジュードとルドガーを逃亡に巻き込む

マギルゥと鉢合わせてしまったがために、
一緒に騎士から逃げる羽目になってしまった
ジュードとルドガー。

騎士たちは何とかまいたものの、

騎士たちを手伝って侵入者を追っていた
ロランドファミリーのすずとエステルに
見つかります。

そして、ロランドファミリーの拠点の
リッカ村まで行って、

リーダーのレイア・ロランド立合いのもと、
事情を説明することに。。。

ジュードとルドガーの疑いは
すぐに晴れたものの、

いかにも怪しいマギルゥは
疑いが晴れるまで地下倉庫に
拘束されることになります。

が、わざと怪しく振舞っているようにも
見えるマギルゥ。

逃亡を試みるどころか、
寝床を整えたりして住み着く気満々の
マギルゥに、

ジュードたちは戸惑います。

でも実は、咎人(※)の研究のために
敷地への侵入を試みていたマギルゥ。

リーダーのレイアが白き獅子のロアーに
一目置かれる存在と知り、

彼女と近づくことで白き獅子と接触し、
咎人の情報を得ようとしていたようです。

※咎人=以前の世界の記憶を取り戻した人のこと。
この世界では天帝に都合の悪い以前の世界の記憶を
持つ人間は、

「おかしなことを言って
人々を惑わそうとする悪者」

として、白き獅子に引き渡され、
地下牢に隔離される決まりになっています。

ロランドファミリーに加入

その後、リッカ村に魔物の群れが襲来!

火事も起きてしまったため、
安全のため一時地下倉庫から
出してもらえたマギルゥは、

ジュードたちとロランドファミリーを
手伝います。

燃えた食料庫から食べられるものを
何とかかき集めたマギルゥは、

レイアに頼み込んでロランドファミリーに
加入します。

一生懸命食べ物を集めてくれた
マギルゥは少なくとも悪い魔女ではないと
判断したレイアは、

マギルゥを仲間に加えることを
承知してくれました。

初任務は失敗

マギルゥのロランドファミリーとしての
初任務は、

咎人となってしまった
命の恩人のおじさんのことで
悩むジュードを元気づけること。

でも、真面目なジュードに、

「どうでもよいと思える方が、
くだらん事で悩むより、
ずっと人生を楽しめるものじゃ」

というアドバイスは、
あまり響かなかったようです^^;

情や正義感は希薄なようだ

その後、レイアの励ましによって
少しずつ元気を取り戻したジュードでしたが、

今度はそのレイアが咎人となってしまい、
ジュードの悩みは深くなります。

ジュードはそのことをルドガーに相談。

ルドガーが「悔いのないように」と
アドバイスする光景を、

面白い見世物でも見るように
眺めるマギルゥ。

レイアのことを白き獅子に通報して
やろという気はなさそうです。

情や正義感といったものは、
希薄な子とみました。

咎人の研究をするマギルゥ

そして、突然いなくなったレイアを
連れ戻す過程で、
ジュードも記憶を取り戻します。

ジュードは自分がレイアの代わりに
咎人として指名手配されることで、
レイアをリッカ村に連れ戻しました。

ジュードも咎人となって帰ってくる、
という展開に、
マギルゥは笑いが止まりません。

ジュードは逃亡がてら、

世界に何が起こっているのか、
他の仲間たちはどうしているのか
確かめるため、

旅に出ることにしました。

この旅にはルドガーも同行。

記憶を取り戻していないルドガーは、
ジュードたちの話は信じられたものでは
ありませんでしたが、

ジュードたちの話を信じるか、
咎人として白き獅子に引き渡すかは、
レイザベールでエルに会うまでは
保留ということにしてくれました。

ここでマギルゥは、
白き獅子の敷地に侵入しようとした
理由を告白。

奇術団の興行に失敗して
莫大な借金を背負ってしまったため、

咎人の研究をして
咎人が生まれる予防策を考案し、
一旗あげようと考えたようです。

マギルゥは通報しない代わりに、
レイアに咎人の研究に協力してほしい
と条件を出しました。

はたして、彼女の今後の活躍は?

可愛くって怪しくてどこか憎めないマギルゥ。

情や正義感といったものは
希薄なようなですが、
好奇心はとても旺盛な子に見えました^ ^

面白ことは大好きみたいですしね(笑)

咎人の研究をしようとしているのも、
お金のため以上に、
咎人そのものに対してとても興味を
持っているように感じます。

このあたりなんか特に。

彼女がこれからロランドファミリーの中で
どんな立ち位置になっていくのか?

物語の中でどんな活躍を見せるのか?

楽しみです^ ^

関連記事

ジュード編につきましては、
以下のような感想も書いております。

よろしければあわせてご覧いただけると
嬉しいです^ ^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai]【アスタリア】マギルゥ視点でのジュード編
この記事をお届けした
ペパーミントパラダイスの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク